芦屋 - 神戸な生活
FC2ブログ

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    阪神芦屋駅の光景

    以前阪急芦屋川駅の光景についてご紹介したことがありますが、今回は阪神芦屋駅の様子についてご紹介したいと思います。

    阪神芦屋駅1
    こちらが阪神電車芦屋駅です。阪急は芦屋川駅でしたが、阪神は芦屋駅ですね。でもどちらも芦屋川の上に駅のホームがあります。

    阪神芦屋駅2
    川の上にホームがある駅舎は阪神電車ではかなり多く、数えると阪神では武庫川駅、夙川の上にある香枦園駅、芦屋駅、都賀川の上にある大石駅など、また魚崎駅は住吉川、石屋川駅などもほぼ川に隣接した駅です。

    しかしこれはなぜでしょうね。駅ができた当初は違っていたのかもしれませんが、恐らく川の上にホームを作れば橋を渡ることなく川の左右に降りる事ができるからでしょうかね?確かに武庫川駅などは大きな川ですのでそのほうが明らかに便利です。

    阪神芦屋駅3
    ということで駅のホームへ。川の上ですから高架駅のようにも感じますが、この後電車は地上を走っていきます。

    阪神芦屋駅4
    阪急芦屋川駅もそうでしたが、芦屋川にかかるこの二つの駅はどちらも芦屋川の風景を見晴らすことのできる展望台のような駅になっております。
    こちらは阪神芦屋駅から南の様子を見たものですが、芦屋川の自然を感じることのできる光景が広がっております。阪神高速が無かった時代は海まで見えていたのでしょうね。

    阪神芦屋駅5
    山側にある阪急芦屋川駅の光景は桜がいっぱいですが、海側の阪神芦屋駅は海が近いこともあり白砂と松並木が続いております。これもまた美しい光景です。

    ちなみにこの芦屋川の風景は芦屋市出身の作家村上春樹氏の作品「羊をめぐる冒険」に登場します。かなり詳しく描かれているのですが一部ご紹介してみます。

    川沿いの道は僕の好きな道だった。水の流れと共に僕は歩く。そして歩きながら、川の息づかいを感じる。彼らは生きているのだ。彼らこそが街を作ったのだ。何万年という歳月をかけて彼らは山を崩し、土を運び、海を埋め、そこに木々を繁らしたのだ。そもそもの最初から街は彼らのものだったし、おそらくこれから先もずっとそうなのだろう。
    村上春樹『羊をめぐる冒険(上)』P145,146,講談社,講談社文庫,1985


    これほどまで芦屋という街と芦屋川を愛した文章は他に無いかもしれません。素晴らしいですね。
    スポンサーサイト

    テーマ : 兵庫県
    ジャンル : 地域情報

    南芦屋浜のパナホーム

    最近南芦屋浜(潮芦屋)にてパナホームが大型の宅地分譲を行っておりますが、何やら新しいエコなオール電化のスマートシティを構築しているそうです。

    パナホーム1
    ということで見に行ってみるとインフォメーションセンターなるものがありました。

    パナホーム2
    スマート・パナホームとありました。何でも屋根の太陽光パネルにエコキュート、そして駐車場にはEV自動車用の充電設備があったりと、オール電化のスマートハウスを展開しているそうです。

    パナホーム3
    それだけでは現在では普通ですが、今回パナホームはこの写真に写る広大な敷地に100戸以上のスマートハウスを建築して一大スマートシティゾーンを作るというのです!これは結構大きな社会実験になるでしょう。

    果たしてうまくいくのでしょうか?とりあえずの南芦屋浜の課題は「バスがまだ少なく交通の便が悪い」や「銀行、郵便局などの公共施設がない」、「学校が遠い」、「本屋がない」と挙げていくと結構あります。まだまだ開発途中の段階ですから仕方ない面もありますが、今後これら利便性を上げていく必要性はあると思いますね。

    でも環境は本当にいいところだから住む人はうらやましいな・・・。このあたり犬飼ってる人すごい多いし。

    テーマ : 兵庫県
    ジャンル : 地域情報

    阪急電車芦屋川駅の謎

    さて今回ご紹介するのは阪急電車の芦屋川駅です。

    阪急芦屋川駅1
    こちらが阪急芦屋川駅の南側からの光景になります。ところで「芦屋川駅」という駅名ですが、この駅は実際に芦屋川の上に建っているからこの名前でいいのです。しかし阪神電車も芦屋川の上に駅があるが、あちらはただの「芦屋駅」ですね。

    阪急芦屋川駅2
    大阪方面のホームから。芦屋川駅は普通のみ停車のいたって普通な駅です。しかしこの駅は芦屋市出身の作家村上春樹氏が高校時代に利用していた駅として、彼のエッセイに登場したりもします。

    『今でもよく覚えているのは十七歳のときのことで、その頃僕は毎日阪急電車で神戸にある高校に通っていたのだが、ある朝阪急芦屋川駅で紙袋を電車のドアにはさまれて困っているとてもかわいい女子高生をみかけた。』
    村上春樹『村上朝日堂』新潮文庫,1987.


    朝ということは神戸方面のホームですので写真の反対側のホームになりますね。

    阪急芦屋川駅3
    で、この駅の素晴らしいところは、川の上に建っているため駅のホームから芦屋川と六甲山の光景を眺めることができます。桜の季節は特に素晴らしい駅になりますね。山に旧山邑邸も見えます。

    阪急芦屋川駅4
    そして子供の頃から不思議だったのは、駅の窓から芦屋川を眺めてみるとこのように謎めいた壊れた橋の橋脚があるのです。もう何十年も前からこのまま残っております。

    ということで今回これはなんだろうと調べてみたら、こちらは昭和13年の阪神大水害で流された桜橋という橋の橋脚だということがわかりました。おいおい阪神大水害というと昭和13年(1938年)だから、75年前のものということになるぞ。ちなみにその隣に今ある橋が新しい現在の桜橋ということのようです。

    子供の頃からの謎は解明されたが・・・そんな古いものだったのか。

    テーマ : 神戸
    ジャンル : 地域情報

    イオンのピーコック買収についての考察

    昨日衝撃的なニュースが飛び込んできました。なんと大丸ピーコックがイオンの傘下になるというのです。大丸ピーコック芦屋南宮店のヘビーユーザーである当方にはびっくりです。

    大丸ピーコック1
    阪神打出駅最寄の大丸ピーコック芦屋南宮店です。左の建物は天久堂書店になります。ちなみに余談ですがこちらのピーコックはピーコックになる前は天久園という園芸屋でした。20年以上前の話です。

    そもそも大丸ピーコックはその名前のとおり大丸のモチーフである「孔雀」から名前を与えられた、大丸傘下の由緒あるスーパーでした。これがイオンの傘下になってしまったら孔雀の名前の意味も薄れてしまいますね。

    大丸孔雀
    神戸大丸の壁面に飾られた孔雀のレリーフです。この様に大丸は孔雀のモチーフを愛用し、京都の大丸にも巨大な孔雀が前面に飾られております。

    この買収劇に関していくばくかの考察があるのですが、まず新聞報道に関して違和感を覚えたのは大丸ピーコックの特長について「高級輸入食材などの品揃えに強みを持っている」と紹介している点でした。
    確かにそういった面もあると思いますが、ピーコックのヘビーユーザーである私はそことは違う面にピーコックのスーパーとしての素晴らしさを感じております。

    出雲蕎麦1
    一例としてはこの出雲蕎麦などが挙げられます。200円か300円ほどで特別な高級食材というものではありませんが、ちゃんとした有機原料使用の自家製粉の生そばになります。

    タカナシ
    そしてこちらはタカナシの低温殺菌牛乳です。こちらも1本230円ほどで特別な高級品ではありません。しかしながら66度30分の低温殺菌で通常120度2秒などの高温殺菌する牛乳とは違う美味しさがあります。低温殺菌のためスーパーの店頭に並んだ時点で賞味期限があと3日、4日になってしまいますが、ピーコックには置いてくれてます。

    当方はこれらご紹介したいわゆる「ちゃんとしたいいもの」をしっかりとおさえて置いていてくれる点が気に入ってピーコックに通っております。
    イオンは今後イオンの独自開発商品である「トップバリュ」の導入などで収益率の改善を目指すそうですが、ピーコックに「トップバリュ」を置いてしまえばその棚の分何か他の商品が減らされることになります。仮にタカナシなどは賞味期限の問題からも廃棄率も高そうですし、確かに利益率は低い商品かもしれません。
    しかしこれら他のスーパーには置いてくれない「いいもの」を置いてくれている信頼がピーコックの命だと思います。イオンはこのあたりの消費者の声を拾い出してくれるだろうか・・・。

    テーマ : 神戸
    ジャンル : 地域情報

    2013年初詣芦屋神社

    2013年明けましておめでとうございます。

    新年早々に元旦パソコンのモニターが天命を全うしたようで、ここ数日パソコンを使えずブログ更新が滞ってしまいました。本年もできる限り神戸を中心とした地域情報をお知らせしたいと思いますのでどうぞよろしくお願いします。

    芦屋神社1
    ということで当方の毎年恒例である芦屋神社へと初詣に行ってきました。1月5日土曜日に行ったのでさすがに人もまばらでした。

    芦屋神社2
    何てこともない小さな素朴な神社です。しかし芦屋市民の間では有名でまた意外と由緒正しい神社らしく、元旦などは30分以上並ばなければならないほどの長蛇の列になります。

    芦屋神社3
    本殿です。これも小さい。

    ところで芦屋というと高級住宅街ということで有名ですが、多聞にもれずこちらの芦屋神社は芦屋の山手の高級住宅街のど真ん中にあります。そして初詣に皆さん高級車で乗り付けるので、元旦などは神社の周りが高級車の展示会みたいになってしまいます。


    大きな地図で見る
    まあ六甲山の坂の上にありますから確かに車以外では厳しいですけどね。でも子供の頃は友達と自転車で坂を這い上がって来ていたなあ・・・。あの頃は若かった・・・。

    テーマ : 兵庫県
    ジャンル : 地域情報

    プロフィール

    kobekei

    Author:kobekei
    阪神間在住のオールドボーイです!

    神戸と阪神間の地域情報をご紹介しております。
    主に観光地や歴史的な建物のご紹介や、また神戸スイーツやお勧めの神戸土産などもご紹介しております。

    神戸市 ブログランキングへ
    にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ
    にほんブログ村

    FC2 Blog Ranking
    ブログとは別に手塚治虫原作の漫画「アドルフに告ぐ」に登場する神戸の街並みを調べたサイト

    「アドルフに告ぐ」でめぐる神戸の旅
    神戸の今と昔の写真を主に定点観測にて比較して見てみるサイト

    神戸の今と昔「Old KOBE Love」
    を運営しております。これらもご覧いただければ幸いです。

    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー
    08 | 2018/09 | 10
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -
    月別アーカイブ
    参加ブログランキング
    人気ブログランキング 人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ
    にほんブログ村


    FC2 Blog Ranking

    各ブログランキングに参加しています!クリックしていただけると応援になりますので大変ありがたいです!
    リンク
    Yahoo!ニュース
    yahoo!天気予報
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。