Nゲージ - 神戸な生活
FC2ブログ

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    Nゲージ甲子園球場の模型その2

    さて前回Nゲージサイズの甲子園球場の模型についてご紹介しました。ところで鉄道模型に詳しい方にとっては常識だと思いますが、Nゲージとは150分の1に縮小されたサイズの模型の総称です。ちなみに鉄道模型のレール幅が9ミリだから英語の「nine」の頭文字を取ってNゲージと言うそうです。

    甲子園球場の模型をなぜNゲージサイズで作成しようと思ったのは、Nゲージサイズの模型は鉄道に限らず様々な種類の模型がいろいろなメーカーから発売されているために非常に互換性が高いのです。ということでせっかくなのでちょっと小物を追加して甲子園球場の模型で遊んでみました。

    Nゲージ甲子園模型2
    まずはトミーテックのカーコレクションからゴミ収集車の登場です。野球の試合が終わるとこのゴミ収集車が甲子園球場の周りに待機していますよね。

    Nゲージ甲子園模型4
    そして甲子園と言えばこれですね。トミーテックの人形シリーズから夏服の学生の登場です。

    Nゲージ甲子園模型5
    彼らの学校は勝利したのでしょうか…?

    Nゲージ甲子園模型1
    試合が終わった甲子園。って本当は物凄い人であふれるのですが、そんなにNゲージ人形がありません。

    Nゲージ甲子園模型3
    とまあこのようにNゲージサイズで作成することにより、違和感無く他の人形や車輌といった模型を配置することができます。

    Nゲージ甲子園模型6
    こんなことをしているとレイアウト作りたくなってくるなあ…。

    スポンサーサイト

    テーマ : 鉄道模型
    ジャンル : 趣味・実用

    Nゲージ甲子園球場の模型

    当ブログは主に神戸と阪神間の地域情報を中心に配信しておりますが、時々当方の趣味のご紹介もしていたりします。しかしプロフィールに趣味のNゲージの鉄道模型もご紹介したいと書いている割に、そちらの趣味の紹介はほとんどしておりませんね…。

    ということで今回はたまには阪神間の地域情報とからめたNゲージ模型のご紹介をしたいと思います。

    さて題名の通り今回ご紹介するのはNゲージの甲子園球場の模型です。ところで甲子園球場はここ数年の大改修でかなり新しくきれいな野球場に変わってしまいました。

    そういう時って必ず「きれいになって良かった」という意見と共に「前の方が良かった」という意見が出てきますよね。確かにあの古めかしい少しくらーい感じのレトロ感は、現在の甲子園球場ではあまり感じなくなってしまいました。

    とは言えど新しくなってしまったのですから受け入れるしかありません。しかし以前の姿も素晴らしい…。ということで以前の改修前の阪神甲子園球場の姿をNゲージサイズ(150分の1)で一部再現してみることにしました。当然全て一からのフルスクラッチです。

    nゲージ甲子園球場模型1
    ということでNゲージサイズの阪神甲子園球場です。昔の写真から完全に再現してみましたが、窓の形などがてんでばらばらで最初の図面を仕上げる段階から大変でした。

    nゲージ甲子園球場模型3
    窓の形もばらばらだし、入口や門の形も色々です。

    nゲージ甲子園球場模型4
    こちらが球場正面です。右側まだツタを張っておりませんね。ある意味改修前のツタをはがした姿の再現になっちゃってます。

    nゲージ甲子園球場模型6
    こちらの再現で不思議だったのは正面入口右側2階にありえない位置に扉があるのです。あんなところから出たら落下するだろう…。甲子園の長い歴史の中で必要とされた時があったのでしょう。

    nゲージ甲子園球場模型5
    この緑の甲子園が懐かしい…。まだ現在の甲子園はツタの育成中ですからね。ここまで緑が茂るまでにはあと10年位はかかるかな。

    nゲージ甲子園球場模型9
    入口も埋められていたり新しく扉があったりと複雑です。

    nゲージ甲子園球場模型2
    入場券発売所などのイメージは現在の甲子園にも残っていますね。

    nゲージ甲子園球場模型8
    本当にしかし阪神間の人達は緑色が好きなんだな…。と何とも思ったりします。

    nゲージ甲子園球場模型7
    むかしここで三塁側指定席の切符を買った…。

    この模型は数年前に内野側の外観について作成したのですが、現在は停滞中です。いつか甲子園球場全体を仕上げてみたいけど中々大変ですね。

    テーマ : 鉄道模型
    ジャンル : 趣味・実用

    Nゲージ神戸市営バスその2

    前回神戸市交通局限定の神戸市営バスのバスコレ模型をご紹介しましたが、それとは別に神戸市営バスの模型がありましたので重ねてご紹介したいと思います。

    神戸市営バス5
    こちらです…。写真うまく撮れなかったな…。模型撮影はかなりの接写になるためにどうも難しいです。今後の研究課題としときます。

    神戸市営バス6
    後姿です。こちらはトミーテックのバスコレクション第5弾に含まれていた「いすずBU04」というバスのタイプになるそうです。買ったのは多分4,5年くらい前です。

    神戸市営バス11
    どうやら7系統の神戸駅行きという設定のようですね。いつ頃のバスかははっきりとはしませんが、結構昔のバスのタイプだと思われます。

    神戸市営バス7
    こちらが前回もご紹介しました神戸市交通局の限定バスコレです。色合が明るい…。こちらも7系統だ。

    神戸市営バス12
    前回ご紹介した神戸市営バスよりもかなり緑色が濃いです。時代によって色が違っていたのか、単にトミーテック側の色合設定の問題なのか…。実際の神戸市営バスの現在の緑色と昔の緑色は記憶の限りではほとんど変わっていないような気がしますので、後者のトミーテック側の色合の問題ではないでしょうか。

    神戸市営バス8
    こちらが神戸市交通局限定のバスコレです。緑色の違いはかなりあります。どちらが実際のバスに近いかというと…どちらもですねえ。天気の悪い日は暗い緑色に見えますし、明るい日は明るく見えるし…。

    神戸市営バス4
    というわけで実際の神戸市営バスと比べて見ましょう。偶然ですがこちらも7系統三宮行きですね。7系統だらけだ。色は…難しいな~やはりどちらともいえない。模型の塗装の難しさですね。

    しかしこのトミーテックのバスコレクションは人口比で考えたら仕方ないのかもしれませんが、関東のバスが多い気がします。そして関西でも大阪市営バスと京都市営バスは結構種類があるのですが、神戸市営バスはなぜかほとんど登場しない…。

    神戸は模型好きが少ない地域なのかな?でもモデルバーン(海外の鉄道模型の専門店です)の本店は芦屋にあるけど…。ちょっとした謎ですね。

    テーマ : 鉄道模型
    ジャンル : 趣味・実用

    神戸市営バスの模型

    以前こんなものが神戸にて発売されておりました。

    神戸市営バス
    トミーテックが発売しているバスコレクションの神戸市交通局の限定品です。確か1200円で限定6000セットが発売されました。こちらの模型はNゲージサイズ(150分の1)ですので、鉄道模型のレイアウトに最適です。

    神戸市営バス1
    というわけでレイアウトに配置してみました。こちらは箱上段にあるバスでして「日野RE100」らしいです。昭和42年から59年まで製造されていたモデルということで確かに若干レトロな感じがします。

    神戸市営バス2
    後姿です。神戸らしい感じを出すために背景のレイアウトは銀行とパン屋さんにしてみました。

    神戸市営バス7
    アップにて。どうやら7系統の三宮行きのようです。

    神戸市営バス8
    後姿です。こうしてみると昔の栄町通みたいな感じに見えてきます。

    神戸市営バス3
    次に登場するのは「いすずLV280L」というモデルのようです。こちらは現在活躍中のノンステップバスですね。

    神戸市営バス4
    後姿です。ところで神戸には現在一般的な緑色のバスとこのモデルのような若草色の緑色をしたバスがありますが、この違いは実はノンステップバスが若草色であるという区別なのです。

    神戸市営バス9
    どうやら92系統の石屋川行きのようですね。入り口の窓にある「ばっしー君」のイラストまで印刷されております。かなりの精密さです。

    神戸市営バス10
    後姿です。側面に神戸市の市章が描かれておりますが、神戸市営バスは正面と後面のデザインも神戸市の市章のイメージから描かれております。

    個人的には濃い緑色のバスの方が好きですね…。しかしノンステップバスの方がバリアフリーにて増加傾向であるので、もしかしたら完全バリアフリー化が達成されれば全ての神戸市営バスが若草色になるのだろうか…?

    テーマ : 模型・プラモデル
    ジャンル : 趣味・実用

    阪急西宮ガーデンズにあるNゲージ

    関西の鉄道模型好きの方ならご存知の方も多いと思いますが、西宮北口駅にある「阪急西宮ガーデンズ」には1983年ごろの西宮北口を再現した模型が展示されています。

    阪急模型1
    ダイヤモンドクロス!

    1983年当時は東西をつなぐ阪急神戸線と、南北をつなぐ阪急今津線が十字に交差していました。こちらは神戸方面から見た構図です。

    阪急模型2

    北側宝塚方面から見た構図。これはさすがに危ない気がする…。現在は今津線が西宮北口の北側と南側に分けられています。

    最近、中谷美紀さん主演映画の「阪急電車」で今津線が話題になりましたね。今津線利用している知り合いが映画の撮影で中谷美紀さんを何度か見たと言っていました。うらやましい…。

    阪急模型3

    再び西側神戸方面から上空。こう見ると神戸方面行きのホームがクロスの東側、大阪方面行きのホームがクロスの西側にあり、西宮北口駅はかなり東西に長かったことになります。

    西宮球場模型1

    そしてもう一つの目玉展示「西宮球場」です。

    西宮球場模型2

    阪急ブレーブスの本拠地西宮球場。ガーデンズはこの野球場の跡地に建てられています。しかしNゲージ(150分の1のサイズ)でこの建物を再現しているのはすごい…。

    西宮球場模型3

    この正面のマークのあたりは今津線の踏切からよく見えたので記憶にあります。

    なつかしい…。その踏切のすぐ目の前にロッテリアがあった。駅の南の出口を出たら阪急そばがあり、そのロッテリアの前の踏切を渡るとサティがあった。

    西宮北口は阪神大震災以前と今とは様々な再開発事業でかなり変わってしまった。昔の記憶を持って行くと全く別の街である…。

    テーマ : 兵庫県西宮から
    ジャンル : 地域情報

    プロフィール

    kobekei

    Author:kobekei
    阪神間在住のオールドボーイです!

    神戸と阪神間の地域情報をご紹介しております。
    主に観光地や歴史的な建物のご紹介や、また神戸スイーツやお勧めの神戸土産などもご紹介しております。

    神戸市 ブログランキングへ
    にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ
    にほんブログ村

    FC2 Blog Ranking
    ブログとは別に手塚治虫原作の漫画「アドルフに告ぐ」に登場する神戸の街並みを調べたサイト

    「アドルフに告ぐ」でめぐる神戸の旅
    神戸の今と昔の写真を主に定点観測にて比較して見てみるサイト

    神戸の今と昔「Old KOBE Love」
    を運営しております。これらもご覧いただければ幸いです。

    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー
    10 | 2018/11 | 12
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    月別アーカイブ
    参加ブログランキング
    人気ブログランキング 人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ
    にほんブログ村


    FC2 Blog Ranking

    各ブログランキングに参加しています!クリックしていただけると応援になりますので大変ありがたいです!
    リンク
    Yahoo!ニュース
    yahoo!天気予報
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。