2012年09月 - 神戸な生活

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    小ネタ甲子園

    さて今回は阪神甲子園球場のちょっとした小ネタをご紹介したいと思います。甲子園球場ほどの建物となると野球場の外にもちょっとした意外なところに甲子園が隠れていたりします。

    甲子園小ネタ1
    道路標識です。甲子園球場と共になぜか左打席に立っているバッターが描かれております。この道路標識のバッターは誰がモデルなのだろうか…。

    甲子園小ネタ2
    マンホールです。「汚水」の字だけ定型的なものですが甲子園オリジナルデザインのマンホールになっております。

    探せばまだまだ色々とありそうです…。まあもはや地名ですからね。甲子園警察や甲子園大学という大学までありますから(当然地名から取ったわけで野球を学ぶ専門の大学などではありません)

    固有の名称が地名化すると地域外の方々にはいささか勘違いされるケースもあるようです・・・。

    (例その1)
    「あなたどこのご出身?」
    「宝塚です」
    当然ほとんどのケースが「宝塚歌劇出身の女性」ではなく「兵庫県宝塚市の出身者」です。

    (例その2)
    「どちらにお住まいですか?」
    「甲子園です」
    もちろんほとんどのケースが「甲子園球場に住んでいる」のではなく「甲子園球場近辺の地域に住んでいる」のです。

    中々面倒ですねこれは・・・特に宝塚を勘違いされたら女の人は大変ですね・・・。
    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : 兵庫県
    ジャンル : 地域情報

    神戸港のドリフト事故について

    昨日未明に神戸港にて自動車が海に転落して三人の方が亡くなるという事故がありました。非常に痛ましい話ですが、ニュースを具体的に聞いてみるとこの事故は神戸港の構造から考えると少し信じられない話です。
    それは港の突堤でドリフト走行していて誤って海に転落したと言うのですが、そのドリフト走行をしていた港の突堤というのが新港第2突堤だと言うのです。

    新港突堤は4本の突堤が並列に並んでいて船の荷を降ろす倉庫などが連なっており、到底ドリフト走行をして遊ぶなどということが可能な場所では全くない場所なのです。以前ポートアイランド側から撮影した新港突堤の姿がありましたので、検証してみたいと思います。

    新港突堤1
    まずは突堤の全体像ですが、このようにメリケンパークオリエンタルホテルのある中突堤から右に第1、第2と続いており、第3の次にポートターミナルのある第4突堤があります。グーグルマップにても確認していただけると思います。


    大きな地図で見る

    新港突堤2
    そしてこちらが新港第2突堤の先端部分です。報道によると南北約30メートル、東西約100メートルという事の様ですが、こちらの先端部分のスペースでドリフト走行をしていたということはかなりの危険な行為だったのではないかと思われます。グーグルマップで見てもかなり狭いのが解ります。


    大きな地図で見る

    ドリフトをするにはやはりもっと広いところ・・・ということではなくこのような危険運転行為はやはり決してしてはならないですね…。亡くなられた方々のご冥福をお祈りします。
    関連記事

    テーマ : 神戸
    ジャンル : 地域情報

    オテルド摩耶に行ってきました「後編・朝を迎える」

    さて六甲山上の高原リゾートホテルのオテルド摩耶にて朝を迎えました。

    オテルド摩耶11
    午前6時過ぎの朝焼けに広がる神戸大阪の風景です。こういった風景を眺めることができるのはオテルド摩耶へ宿泊する醍醐味のひとつですね。

    オテルド摩耶12
    朝の六甲山系は霧に包まれていました。この後少し雨が降ったりとやはり山の天候は短い時間でも次々に移り変わります。

    オテルド摩耶13
    徐々に明るくなってきました。あのはるか向こうの街並みでは人々がうごきはじめているんだなあ…と完全に天上界の目線で街並みを眺めてしまったりします。

    オテルド摩耶14
    ホテルのお庭を散策してみました。朝の高原の空気は非常にさわやかで涼しかったです。山にかかる霧が幻想的でまさに天空の別世界の居心地でした。

    オテルド摩耶15
    そうするうちに霧も晴れて街並みの風景が綺麗に見えてきました。午後8時過ぎ一日の始まりです。

    ということでホテルのレストランにて朝食をいただきに参りました。レストランはいわゆるバイキング形式にて洋食メインの内容でした。
    写真はないのですがその日のレストラン朝食メニューを軽くご紹介したいと思います。メニューは変わることがあると思いますので、あくまで2012年9月の一例として参考にご覧下さい。

    ○ドリンク
    オレンジ、アップル、グレープフルーツなど(あと一つ忘れました)ジュース類4種、ミルク、コーヒー、紅茶、水、ヨーグルト
    ○スープ
    ミネストローネ、コーンポタージュ
    ○ホットミール
    スクランブルドエッグ、鶏肉とポテトを煮たような物(料理名わかりません)、ソーセージ、ケチャップと粒マスタード
    ○コールドミール
    ハム、チーズ、ジャガイモのパイの様な物(これも料理名よくわかりませんでした)
    ○サラダ
    グリーンリーフ、きゅうり、プチトマト、ドレッシングはイタリアン系、フレンチ、和風の三種
    ○パン
    クロワッサンを中心に三種、バター、ジャムが4種ほど
    ○フルーツ
    パイナップル、グレープ

    大体こんな感じでした。品数はやや少ないと感じるもののその内容のクオリティはかなりのもので、特にクロワッサンが本格的な味でしたしフルーツのグレープが物凄く味の濃いグレープで特別な感じがしました。ただ和食系が全くないので好みにもよると思います。

    神戸三宮からでも1時間かからないほど近場になるのですが、本当に特別な体験になりました。また行ってみたいなあ…。と思っていたら宿泊後オテルド摩耶からはがきが届いてました。

    オテルド摩耶16
    次回宿泊時にハーフワインかデコレーションケーキをプレゼントか…。非常にいいのですが有効期限が今年の年末までで残り3ヶ月です。今年また行くのはちょっと贅沢かな…。下界に戻ると小市民です。。。
    関連記事

    テーマ : 神戸
    ジャンル : 地域情報

    オテルド摩耶に行ってきました「前編・夜を迎える」

    9月にも入りましたがまだまだ残暑が厳しいですね。ということで六甲山上の天空のリゾートホテル「オテルド摩耶」に行ってきました。

    オテルド摩耶1
    こちらがオテルド摩耶です。元々は国民宿舎・神戸摩耶ロッジという施設でしたが、阪神大震災後一時閉鎖された後オテルド摩耶として再オープンしたホテルになります。

    オテルド摩耶2
    宿泊した部屋は一般的な20㎡ほどのツインルーム。そして部屋の窓からの眺めがこちらです。まさに天空の山の上にあります。

    オテルド摩耶3
    そして窓を南側に臨むとこのように神戸大阪の風景が目の前に広がってました。

    オテルド摩耶4
    ホテルの廊下からもこのように神戸の街並みを一望できます。右手に少しだけ写っているのがホテルのお庭です。

    オテルド摩耶5
    ややアップにて。さすが山の上ですから天候については雲が出たり出なかったりと短い時間でころころ変わります。到着してすぐの時間帯よりは少し見えにくくなってますね。

    オテルド摩耶6
    ホテルのお庭に出てホテル側を眺めてみました。二階建てのこじんまりとした施設にて元国民宿舎というのがなんとなく解ります。外観も所々やや古そうにも見えますがホテル内の各施設は綺麗でしっかりとしてました。

    オテルド摩耶7
    お庭の同位置から反対側。こちらの小さな丘の上に宿泊者専用の無料のサウナと屋外型ジャグジーがあります。

    オテルド摩耶8
    こちらがその屋外型のジャグジーです。見ての通り神戸の六甲アイランド方面が一望できます。こちらで夜景を眺めながらジャグジーに入りましたが、非常に素晴らしかったです!時間帯が良かったのか夜7時ごろに行ったら貸しきり状態でした。
    この写真は営業時間外の午前に撮影しましたので松の枝などが入ってしまってますが、営業時間内はとても綺麗に掃除されておりましたので安心です。(昼の営業時間では水着の人がいて撮影困難でした…)

    オテルド摩耶9
    サウナの案内板。こちらの建物に更衣室とシャワールーム、ロッカーがあるため水着姿で館内を移動することは無かったです。サウナは4人入ればいっぱいになりそうな小さなものでしたが、貸しきり状態でしたので問題なしでした。

    オテルド摩耶10
    そしてこちらが宿泊した部屋から見た夜景です。かなり空気の澄んだ当たり日になりました。屋外ジャグジーからはもっと広がった夜景を見ることができましたよ。

    神戸三宮からでも車で40分ほどの場所ですが、まさに高原リゾートの別世界でした。次回翌日の様子をお伝えしたいと思います。
    ということで最後にホテルの基本スペックの感想についてを記載したいと思います。こちらはあくまで我々の宿泊した2012年9月の情報ですので、今後変わることもあるかもしれないので参考程度ということでお願いします。

    ○宿泊した部屋について
    20㎡ほどのツインルーム。窓際にテーブルと向かい合わせの椅子が二つ。デスクと椅子、神戸観光案内の雑誌と26インチの液晶テレビ。電話、セイフティボックスと空の冷蔵庫(冷凍・氷は無し)。トイレ、洗面、ユニットバス。アメニティは少なくドライヤーとボディソープ、シャンプー、リンスのみ(歯ブラシと剃刀はチェックイン時に必要量を聞かれ渡されました)タオルはバスタオルとハンドタオル一枚ずつを大浴場、ジャグジーと併用との事でした。

    ○大浴場について
    大きさは一般的な銭湯感覚でしたがハーブ風呂の期間でした。洗い場にはリンスインシャンプーとボディソープ。脱衣所はかごとロッカー、備品はくしとドライヤーのみでした。

    ○売店、喫茶、自販機などについて
    売店はあるもののクッキーやプリンなどお菓子やお土産などが中心で、コンビニ的な品揃えは無し。レストラン営業時間まではロビーにて喫茶、アルコール、ケーキなどのカフェ営業がありました。自販機はコカコーラ系の清涼飲料水(値段は変わらず)とアルコール系の自販機の二つ。アルコール系はビール350ミリ缶300円、500ミリ缶400円、氷結レモン350ミリ缶200円、500ミリ缶300円でした。たばこはフロントで販売しているそうでした。

    ○夜のレストランについて
    レストランは一つで夜は予約中心の4200円台からのディナーコースが中心で、基本的にはふらっと立ち寄って食べれる様子のレストランではありません。ディナーなしの宿泊を選んだ場合ホテル近辺に食事施設やコンビニなどは全くありませんから、事前に食べてくるか何か用意して行く必要があります。

    ○まとめ
    総合的にはホテルとしては都心のシティホテルにはかないませんが、最低限必要なものはそろっていますので快適に過ごせました。ただホテルの外は完全に山の中にてコンビニ的な利便性は全く無いので、必要と思われるものは事前に用意していくことが大事だと思われます。
    しかしそんな利便性よりもこの高原の涼しい風と澄んだ空気、そして神戸の眺望と夜景。これほどまで神戸の夜景を眺めながら過ごせるホテルは他にないかと思われます。避暑と景観を楽しむホテルとして最高でした!
    関連記事

    テーマ : 神戸
    ジャンル : 地域情報

    神戸三田プレミアム・アウトレット

    先日神戸三田プレミアム・アウトレットに行ってきました。こちらのアウトレットは関西では誰しもが一度は必ず行ったことがあるのではないかと思うぐらい有名なアウトレットモールです。
    2007年7月開業の結構新しいアウトレットモールですが恐らく関西一の大きさで今年2012年の「日経トレンディ」という情報誌のアウトレット番付特集でも「大関」という関西一位の評価を受けていました。

    神戸三田プレミアムアウトレット1
    アウトレット正面。こちらのアウトレットは平面式の周遊型アウトレットで2階が無く全て1階のみの平屋型の構成のアウトレットモールになっております。

    神戸三田プレミアムアウトレット2
    …このアウトレットに行ったことがある方はこの写真不思議に思われるかもしれません。人が少ないですよね…。

    神戸三田プレミアムアウトレット3
    宮殿のようなグッチの前も人が全くいません。実はこれ平日の月曜日午前に行ったときの写真になります。日曜などは人でごった返しているアウトレットですが平日午前はこんな感じなんですね。天気があまりよくなかったのも原因かもしれませんが、でも午後は結構人が増えてきました。

    神戸三田プレミアムアウトレット4
    ところでこのアウトレット現在でも関西一大きいのではないかと思われますが、更に増築して今年2012年の12月にリニューアルオープンする予定のようで、このように以前は西側駐車場だった場所が工事中でした。ちょうどクリスマスシーズンに合わせてきていますので、この年末はすごい人波が来るのではないでしょうか。

    180店舗が220店舗に増えるのか…。どんなテナントが入るのでしょうね。あまり買い物をする方ではありませんが結構楽しみだったりします。
    関連記事

    テーマ : 神戸
    ジャンル : 地域情報

    プロフィール

    kobekei

    Author:kobekei
    阪神間在住のオールドボーイです!

    神戸と阪神間の地域情報をご紹介しております。
    主に観光地や歴史的な建物のご紹介や、また神戸スイーツやお勧めの神戸土産などもご紹介しております。

    神戸市 ブログランキングへ
    にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ
    にほんブログ村

    FC2 Blog Ranking
    ブログとは別に手塚治虫原作の漫画「アドルフに告ぐ」に登場する神戸の街並みを調べたサイト

    「アドルフに告ぐ」でめぐる神戸の旅
    神戸の今と昔の写真を主に定点観測にて比較して見てみるサイト

    神戸の今と昔「Old KOBE Love」
    を運営しております。これらもご覧いただければ幸いです。

    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー
    08 | 2012/09 | 10
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -
    月別アーカイブ
    参加ブログランキング
    人気ブログランキング 人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ
    にほんブログ村


    FC2 Blog Ranking

    各ブログランキングに参加しています!クリックしていただけると応援になりますので大変ありがたいです!
    リンク
    Yahoo!ニュース
    yahoo!天気予報
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。