2013年05月 - 神戸な生活

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    最近の神戸市営バス

    神戸市電から始まる神戸市営交通のデザインは市営バス、市営地下鉄、ポートライナー、六甲ライナーに至るまで、全ての乗物のテーマカラーが緑色に統一されております。

    これは恐らく六甲山系の緑色が神戸市民の心のテーマカラーとなっているからだと思いますが、実は最近の神戸市営バスの色がこっそりだんだんと変化していっていることにお気づきでしょうか。

    貞子
    貞子は余計ですが神戸市営バスといえばこちらのバスのような深緑色がこれまでのテーマカラーでした。

    神戸市営バス
    それが最近ではこんな感じで全て薄い若草色の緑へと変わって行っております。実はこちらの色はノンステップバスの場合この色になるのです。
    ということは当然ながらバリアフリーが進みノンステップバスの導入がより一層進めば、全ての神戸市営バスの色がこの若草色になっていくのでしょうか・・・?

    個人的には昔からの深緑色の方がなじみがあるし好きなんですけどね・・・。
    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : 神戸
    ジャンル : 地域情報

    淡河城に登ってきました!

    さて今回はかなりマニアックなネタになりますが、神戸市北区淡河町にある淡河城跡に登ってきました。

    淡河城1
    淡河(ちなみにこの漢字で「おうご」と読みます)自体は道の駅淡河や豊助饅頭などで結構神戸の方には知られていると思いますが、こちらに城跡があることを知っている方は歴史好きの方でないと少ないと思います。

    淡河城2
    外から見た感じはこんな感じです。基本的にはただの山ですね。城郭などが残っているわけではないので、ある意味では観光地化もされずに戦国時代からそのまま残っている城跡になります。

    淡河城3
    光の加減で見えにくく撮影してしまいましたが、一応案内看板がありました。

    淡河城4
    かなり厳しい坂道を登っていきます。

    淡河城5
    山の上に登るとかすかに城跡だった様子が見受けられました。

    淡河城6
    で、城跡の案内看板です。「有馬氏一万五千石の居城として」とあるから結構立派なものですね。1601年までということはやはり関ヶ原の合戦以降の取り潰しか何かがあったのでしょう。

    淡河城7
    ほとんど何もないのですが堀だけはしっかりと当時の様子を残しておりました。これは結構凄いです。

    淡河城8
    ちょっと写真では解りにくいですが、おおよそ大体4メートルぐらいの深さの堀が随所に残っておりました。

    淡河城9
    そして天守台跡地は公園とお稲荷さんの神社になっておりました。冒頭の写真に写る淡河城跡の石碑もこちらの方に立っておりました。

    淡河城10
    公園の中央には相撲の土俵が。現地の方によると昔はお祭りなどがあったらこちらで子供たちが相撲を取っていたそうです。

    観光地として整備されているわけではないので有名とは言いがたいですが、淡河城跡は豊臣秀吉の三木城攻めの際に登場しますし、神戸の誇る立派な戦国時代の遺構といえますね。
    関連記事

    テーマ : 神戸
    ジャンル : 地域情報

    阪神芦屋駅の光景

    以前阪急芦屋川駅の光景についてご紹介したことがありますが、今回は阪神芦屋駅の様子についてご紹介したいと思います。

    阪神芦屋駅1
    こちらが阪神電車芦屋駅です。阪急は芦屋川駅でしたが、阪神は芦屋駅ですね。でもどちらも芦屋川の上に駅のホームがあります。

    阪神芦屋駅2
    川の上にホームがある駅舎は阪神電車ではかなり多く、数えると阪神では武庫川駅、夙川の上にある香枦園駅、芦屋駅、都賀川の上にある大石駅など、また魚崎駅は住吉川、石屋川駅などもほぼ川に隣接した駅です。

    しかしこれはなぜでしょうね。駅ができた当初は違っていたのかもしれませんが、恐らく川の上にホームを作れば橋を渡ることなく川の左右に降りる事ができるからでしょうかね?確かに武庫川駅などは大きな川ですのでそのほうが明らかに便利です。

    阪神芦屋駅3
    ということで駅のホームへ。川の上ですから高架駅のようにも感じますが、この後電車は地上を走っていきます。

    阪神芦屋駅4
    阪急芦屋川駅もそうでしたが、芦屋川にかかるこの二つの駅はどちらも芦屋川の風景を見晴らすことのできる展望台のような駅になっております。
    こちらは阪神芦屋駅から南の様子を見たものですが、芦屋川の自然を感じることのできる光景が広がっております。阪神高速が無かった時代は海まで見えていたのでしょうね。

    阪神芦屋駅5
    山側にある阪急芦屋川駅の光景は桜がいっぱいですが、海側の阪神芦屋駅は海が近いこともあり白砂と松並木が続いております。これもまた美しい光景です。

    ちなみにこの芦屋川の風景は芦屋市出身の作家村上春樹氏の作品「羊をめぐる冒険」に登場します。かなり詳しく描かれているのですが一部ご紹介してみます。

    川沿いの道は僕の好きな道だった。水の流れと共に僕は歩く。そして歩きながら、川の息づかいを感じる。彼らは生きているのだ。彼らこそが街を作ったのだ。何万年という歳月をかけて彼らは山を崩し、土を運び、海を埋め、そこに木々を繁らしたのだ。そもそもの最初から街は彼らのものだったし、おそらくこれから先もずっとそうなのだろう。
    村上春樹『羊をめぐる冒険(上)』P145,146,講談社,講談社文庫,1985


    これほどまで芦屋という街と芦屋川を愛した文章は他に無いかもしれません。素晴らしいですね。
    関連記事

    テーマ : 兵庫県
    ジャンル : 地域情報

    コスタ・ビクトリア号神戸初入港その2

    さて前回コスタ・ビクトリア号の初入港の様子を動画でご紹介しましたが、今回は写真にてその詳細についてご紹介したいと思います。

    コスタ・ビクトリア号1
    コスタビクトリアはイタリアの船にてさすがにデザインがシャープで、アメリカの船等などとはまた違った印象の船でした。

    コスタ・ビクトリア号2
    船名です。喫水線の下が鮮やかな青色なのもまたおしゃれな感じでしたね。

    コスタ・ビクトリア号3
    入港時でしたからまだ人が沢山いました。バルコニーの上の階がまた微妙に曲線を描いているところも、ちょっとした所ですが洒落ております。

    コスタ・ビクトリア号4
    バルコニールームの青いガラスもとてもおしゃれな感じでした。

    コスタ・ビクトリア号5
    相変わらずでかすぎです。21世紀に入ってからこのクラスの船はもう当たり前のように見るようになったので驚きませんが、やはりでかい船ですね。

    コスタ・ビクトリア号6
    ヨーロッパの船だからでしょう、船尾のあたりにはユーロの旗が描かれておりました。

    コスタ・ビクトリア号7
    ところでポートターミナルにこんな人がおりました・・・。ターミナルレディ神戸・・・。ポートターミナルには何度も来ておりますが、初めてお目にかかりました。イベント等があったときにだけ登場するのでしょうかね。

    コスタ・ビクトリア号8
    で、ポートターミナルでは船から下りた観光客が続々と観光バスへ向かっておりました。行き先は六甲山展望台、北野異人館、神戸中華街などなどでしたね。オレンジの服を着た人がコスタのスタッフでした。

    コスタ・ビクトリア号9
    そして船を後から眺める・・・。美しいです。端正なバランスと微妙な曲線。このあたりはさすがですね。

    コスタ・ビクトリア号10
    母港はイタリアのジェノヴァの様ですね。

    コスタ・ビクトリア号11
    そして船尾の中央にはイタリアの国旗が神戸の風に乗っておりました。

    コスタ・ビクトリア号12
    煙突はコスタクルーズのテーマカラーの黄色と「C」の文字。シンプルなデザインです。

    コスタ・ビクトリア号13
    最後に全体をとらえましたが、かなり逆光になってしまったのですが・・・。これには理由がありまして、実はこのコスタビクトリアは日曜日の午後3時に入港の予定だったのですが、遅れに遅れて結局1時間遅れの午後4時に入ってきたのです。
    おかげで動画撮影する余裕もありましたが、ポートアイランド北公園へ移動する頃にはそろそろ夕方だよ~というお話です。乗客も神戸の観光関係の人も、予定が変わって大変だったのではないでしょうか。

    しかしさすがイタリアの船。船も遅刻するのか・・・。
    関連記事

    テーマ : 神戸
    ジャンル : 地域情報

    コスタ・ビクトリア号神戸初入港を動画撮影!

    さて昨日2013年5月12日にイタリアの豪華客船であるコスタ・クルーズ社のコスタ・ビクトリア号が神戸港へ初入港しました。総トン数75166トンにてクイーンエリザベス2号並の大きさです。

    コスタ・ビクトリア号

    ところで最近新しくカメラを買ったのですがどうやら動画撮影機能が付いており、それもいわゆるミニチュア動画風に撮ってくれるという機能も付いていたので、今回このコスタ・ビクトリア号が神戸港へ入ってくる様子をその機能を使って撮影してみました!



    となりのおっちゃんがなぜかこいのぼりを振っていてそれが入ってしまっているのが残念ですが、面白い動画になったと思います。これから機会があればまた動画撮影してご紹介したいと思います!
    関連記事

    テーマ : 神戸
    ジャンル : 地域情報

    プロフィール

    kobekei

    Author:kobekei
    阪神間在住のオールドボーイです!

    神戸と阪神間の地域情報をご紹介しております。
    主に観光地や歴史的な建物のご紹介や、また神戸スイーツやお勧めの神戸土産などもご紹介しております。

    神戸市 ブログランキングへ
    にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ
    にほんブログ村

    FC2 Blog Ranking
    ブログとは別に手塚治虫原作の漫画「アドルフに告ぐ」に登場する神戸の街並みを調べたサイト

    「アドルフに告ぐ」でめぐる神戸の旅
    神戸の今と昔の写真を主に定点観測にて比較して見てみるサイト

    神戸の今と昔「Old KOBE Love」
    を運営しております。これらもご覧いただければ幸いです。

    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー
    04 | 2013/05 | 06
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -
    月別アーカイブ
    参加ブログランキング
    人気ブログランキング 人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ
    にほんブログ村


    FC2 Blog Ranking

    各ブログランキングに参加しています!クリックしていただけると応援になりますので大変ありがたいです!
    リンク
    Yahoo!ニュース
    yahoo!天気予報
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。